サイト訪問ありがとうございます

夜勤をしながら健康維持のコツ。

      2017/11/18

 

夜勤、準夜勤、二交代制、三交代制・・

 

色んな交代勤務体制があると思いますが夜から朝にかけてのお仕事されている方、

 

けっこう大変だと思います((+_+))

 

昼間働くよりも自分の体に負担をかけているわけですからその分報酬をきちんと戴いていないとモチベーションも維持できないですよね

 

そんな夜勤労働に対して、「10年寿命を縮める」と言ってる方もいます

 

確かに健康に対してのリスクは高まり、何らか実感をされている方も少なくないと思います

 

アメリカの国立がん研究所とハーバードの研究でも22年間の研究の発表で10年以上夜勤を続けた方では、心臓や血管、がんについてはとくに肺がんのリスクが20%近く高まると発表しています

 

 

塩分を控えて、タバコを吸うなということでしょう。。

 

 

また睡眠障害やうつ病などのメンタル疾患になりやすくなるというリスクも高まるようです

 

もうひとつの対策として日の光、太陽の光を浴びる事が挙げられます

 

他のページでも書きましたが、夜の眠気を促す作用のあるホルモンでメラトニンというものがあり、それだけでなく抗酸化作用、免疫力増強、抗がん作用などなど、どう考えても人間には必要な物質であると思います

 

その物質は日の光を浴びる事でセロトニンを元に生成されていきます、一日15分から20分程度で充分とされてるようですのでたはり散歩がちょうどいいかなと思います

 

セロトニンの枯渇はうつ状態になり、メラトニンの役割は病気を防ぐ

 

一日の内どこかで日光を浴びる時間帯を作り、散歩なら軽い運動も兼ねて一石二鳥となります

 

いずれにしても「お日様の光」を適度に浴びる事が健康を保つ秘訣のようです

 

 

 - 夜勤をしながら健康維持のコツ。