サイト訪問ありがとうございます

目標達成後、何をしていいかわからない。

      2017/11/18

例えば、

 

志望大学に見事合格!!

 

学生生活の中では一番大きな目標だと思います。

 

中学、高校、と行きたい大学に入る事だけを目標に一生懸命時間と労力をかけ、

 

見事現役合格した人、あるいは2浪3浪で合格した人も大きな目標達成した事には変わりはありません。

 

 

さて、そんな大きな目標達成後、脱力感と共に意外と何して良いかわからないという人、

 

いるんではないでしょうか?

 

オリンピック選手が金メダルを獲ったときのインタビューなどで、

 

「まだ、わかりません」 「これから考えます。」

 

精根尽きている状態なんだから少し休ませなよ って私いつも思うんですが・・

 

喜びもつかの間・・中には燃え尽き症候群とよばれる、大きな脱力感に苛まれそのまま引退する選手もいますよね。

 

大きな目標を達成してしまうと、ヤル気物質”ドーパミン”が出ない状態になります。

 

そんなヤル気物質を再び分泌させるためには”ご褒美””楽しい事をする”と良いです。

 

割と大きな目標を達成したときには、ちゃんと「自分へのご褒美」をあげる事が大切になります。

 

自分なりの高級品を購入したり、旅行に出かけてみたり、祝賀会を開いてもらうのもいいと思います。

 

そうすることで、目標が無くなってからでも、次の目標を見つけるための意欲につながり、自然と見つける事が出来るようになります。

 

よく野球の優勝祝賀会で、ビールなんかをかけあっているのも、バカ騒ぎに見えるかも知れませんが、意外と重要な儀式だったりします。

 

「うかれてる場合じゃない」

 

とも言いますが、努力して頑張った末の目標達成時には、

 

ぜひともうかれちゃって下さい!

 

 

そのあとに、新しい目標を決めましょっ!!

 

 

 - 目標達成後、何をしていいかわからない。