Hair studio Clue

海と野菜のまちより~心に響くヘアサロン~「美容室クルー」

*

『白髪染めはいつはじめるか?』

   

今日は…
『白髪染めはいつはじめるか?』
について考えてみたいと思います(^^)

 

 

その前に、「お洒落染め」「白髪染め」は何がどう違うか説明します(^-^)

じつは薬剤としての違いでは、ほとんどないんです。

市販されている薬のパッケージにはよく、
〈オシャレ染め用〉
〈白髪染め用〉
などと書いてありますが、
あくまでも目安ですね。

薬剤的には「比率」の違いがあるだけで、
その違いが素材(髪質)に対してどういう結果が得られるか?で分けています。

なので、薬剤的にはハッキリとした区切りがありません

では何の「比率」か?

【脱色】(髪を明るくする)

【染料】(着色)
の比率です。

例えば、ブリーチは
脱色:染料が20:0

そして超真っ黒が
脱色:染料が0:20
(厳密に言うと過酸化水素水が軽微に脱色)

この比率の間で薬剤の効果を調節しています

ちなみに一般的に多いゾーンが
脱色:染料 8:11くらいの前後です

そして、お洒落染めと呼ばれているのが
脱色効果20〜7くらいの間で、

白髪染めと呼ばれるのが、
脱色効果7〜0の間です。なので白髪も染まる薬剤は、なかなか明るくはできないのです。白髪に色をつけるにはどうしても色素が必要で、染料の割合の多い、
脱色:染料 0:20(真っ黒)
から
脱色:染料 7:13(少し明るい)
くらいまでの薬剤になりますそれに!
「髪質」が大きく影響しますので、個人差はどうしても出てしまいます。

さて、白髪染め専用の薬があるわけじゃないということがわかったところで、いったいいつから染めはじめる、あるいはお洒落染めからいつ、移行すればよいのか???

では結論を先に…(^-^)

『自分がそれを許せないとき』

です。

少し言い方を変えれば、

「自分は周囲の目を気にするタイプか?そうでは無いか?」

にもよる、ということにもなります(^^)

あまり意味がありませんが、敢えて平均的なことを挙げますと…

白髪染めに切り替えるのは、女性は40歳手前くらいです。

白髪自体が生えてくる年齢は平均30前後で、約10年くらいはなんとか誤魔化せるわけですね(^^)

白髪が目立たない程にも”明るく”していられますし(^-^)

例えば、白髪染めを始める時の口上ですが、

「40にもなってそんなに髪の毛明るくしてたらおかしいし、白髪も生え際多くなっちゃったしね、暗めでいいから白髪を隠してちょうだい。」

という諦めというか開き直りというか…

そんな感じが多いです。

あとは、
・少しでも若く見せたい!
・白髪を見るだけで許せない!
・息子(旦那)に言われるから
・自分だけが白髪がある気がして気まずいから
・ダラシなく見える、キタナイ

などなど様々な事情があったりします

そして、

カラー剤は体に良いものではありません、
でもみんな染めています、
白髪はワルモノ扱いです、

それらを前提に自分の気持ちがどこで落ち着くか?

を考えることになります。

◆白髪をキッチリと隠さないと落ち着かないのか?
◆暗い髪はキライだからそこそこ明るくして、白髪は目立たないくらいで大丈夫なのか?

このどちらを優先したいか、あらかじめ決めておいて下さい、
その上で髪質を考慮して一緒に決めましょう(^^)

最近芸能人の間でも、中年層ですが白髪染めをやめる人も見かけるようになってきました。

僕の好きな吉川晃司も若いころから白髪が多く、常に染めていたそうです(^^)
最近はすっかりグレーな髪も板についてきましたね♪

芸能人のようにアクティブであれば白髪も肯定的に受け入れられるのでしょう(^^)

僕たちは60代にもなれば潔くなれるかもしれませんね(^^)

白髪まじりの髪でもオシャレに、カッコよく、マイナスイメージを払拭してしまうような人物になりたいものです

ありがとうございました〜☆

 img_1113.jpg

 - 未分類